title_bunkai00.jpg

title_bunkai01.jpg

名鉄瀬戸線三郷駅の北東部に位置する分会で、現在の大久手町・東大久手町を中心とした地域に組織されています。現在は、旭台、根の鼻町、柏井町、東栄町、旭ケ丘町などからも参加しています。多度神社の秋季大祭のおりには、一番遠くに位置するため、一番早く棒宿を出発し、一番遅く棒宿に帰着します。棒の手の練習は、大久手東集会所で実施しており、秋季大祭のときはここが棒宿になります。

img_bunkai01.jpg

title_bunkai02.jpg

名鉄瀬戸線三郷駅の北西部に位置する分会で、北原山町を中心とした地域に組織されています。近年は区画整理事業の進展により分会を組織するエリアの様相も変わってきています。多度神社の秋季大祭のおりには、東から移動してきた大久手分会と合流して多度神社を目指します。練習は、北原山北集会所で実施しており、秋季大祭のときにはここが棒宿になります。

img_bunkai01.jpg

title_bunkai03.jpg

名鉄瀬戸線三郷駅の南西部に位置する分会で、南原山町を中心とした地域に組織されています。南原山分会は、地域の自治会と一緒に行動することが特徴的です。多度神社の秋季大祭のおりには、西に移動して大久手分会・北原山分会と合流して多度神社を目指します。練習は、南原山集会所で実施しており、秋季大祭のときにはここが棒宿になります。

img_bunkai01.jpg

title_bunkai04.jpg

名鉄瀬戸線尾張旭駅を中心としたエリアに位置する分会で、東大道町を中心とした地域に組織されています。練習は、東大道集会所で実施しており、秋季大祭のときにはここが棒宿になります。

img_bunkai01.jpg

title_bunkai05.jpg

名鉄瀬戸線尾張旭駅の南西部に位置する分会で、西大道町を中心とした地域に組織されています。練習は、西大道公会堂で実施しており、秋季大祭のときにはここが棒宿になります。

img_bunkai01.jpg

title_bunkai06.jpg

多度神社の南側、麓に位置する分会で、新居町を中心とした地域に組織されています。多度神社の秋季大祭のおりには、最初に下山して、他の分会が棒宿に帰っていくのを見送ります。練習は、新居集会所で実施しており、秋季大祭のときにはここが棒宿になります。

img_bunkai01.jpg

title_bunkai07.jpg

名鉄瀬戸線尾張旭駅の南西部に位置する分会で、向町、城前町、旭前町を中心とした地域に組織されています。練習は、城前集会所で実施しており、秋季大祭のときにはここが棒宿になります。

img_bunkai01.jpg

 


より大きな地図で 尾張旭市無二流棒の手保存会 を表示